☆2022年☆新年あけましておめでとうございます☆

あけましておめでとうございます🎍

 石のみやびは新年5日からの営業を開始しております。本日で幸田店は、開業17年目を迎えました。多くのお客様のおかげで、なんとか、お墓作りを頑張ってこれました。この調子で、今年もなんとか乗り越えていきたいと思います!

 さて、昨年の仕事で多かったのは、お墓じまいです。ここ数年、だだんと依頼件数が増えてきましたね。私は、お墓じまいの相談に来店されるお客様にまず、ご家族やご兄弟と相談されたかを必ず確認するようにしています。お客様の中には思い付きで、1人で決めて、当社に相談される方も少なくありません。後継者がいない、もしくは、後継者が、遠方で家庭を築いて自分の、ところに帰って来るとは思えない。など、さまざま理由はありますが、1人で悩んでいる方が多い印象です。その中で、皆さんが、口にする言葉が、「若い人にお墓の事で負担をかけたくない。」…相談されるお客様の気持ちは分かるのですが、お墓に眠っている先人(ご先祖)の気持ちは?と思ってしまう自分がいます。もしかしたら、家族に相談してみたら遠方の息子さんや娘さんが、お墓の面倒をみると言ってくれる場合も多々にありました。

 お墓じまいの仕事も、石屋の大事な仕事の一つだと思いますが、でもやっぱり、お墓は壊すより建てる方が、自分は好きです。今年はまた、お墓じまいの依頼が増えると思いますが、地味に、お客様と対話して、お墓じまいではなく、お客様に負担の少ない墓守りのご提案ができるように、自分も視野を広げて勉強していきたいと思います。

どうぞ1年、宜しくお願いします☆

☆2021謹賀新年☆

☆あけましておめでとうございます☆

 本年も宜しくお願い致しますm(_ _)mとはいえ、新年のご挨拶を書き込もうとしたら、アプリの調子が悪いのか、なかなか、ひとりごとの更新ができずに今日やっと更新に至りました…やっぱパソコンは苦手です…(~_~;)

 昨年は墓じまいの仕事が多い年でもありました。仕事が有る事は嬉しいのですが、心境はちょと複雑で、やはり、解体している最中、寂しさを感じながら仕事をしていました。お顔は分かりませんが、ご先祖様の寂しそうな顔をどうしても想像してしまうのです…いつもゴメンさい。と心でつぶやいている自分がいます。やっぱりお墓は壊すより建てる方が1000倍やり甲斐がありますね❗️

 コロナウィルス🦠のせいで年末も年始も、なんか、あやふやな気持ちで、過ごしてしまいましたが、改めて気持ちを切り替えて、今年も良いお墓作りに励んでいきたいと思います❗️頑張りますよ‼️

☆2020年あけましておめでとうございます☆

あけましておめでとうございます。<(_ _)>本年も宜しくお願い致します。<(_ _)>

石のみやびは本年も5日から営業しております。

 昨年は「石工のひとりごと」の更新をサボりぎみで観覧された方々に残念な思いをさせてしまいましたが、本年は少しでも更新できるよう努力したいです!

 昨年も沢山のお墓を建てさせいただきました。今年も沢山のお客様にみやびらしいお墓作りを提案できるように日々精進して仕事に励みたいと思いますので宜しくお願いします☆

☆2019謹賀新年☆

あけましておめでとうとございますm(_ _)m

本日5日より石のみやびも開店から14年目のスタートを迎え新たな気持ちで精進していきたいと思っています!

昨年はひとりごとの更新をサボりまくって気が付けば2019年(^◇^;)仕事はマメにこなすのですがグロブはちょっと苦手かなぁ〜…(^_^;)

しかし!今年は頑張って施工させていただいたお墓を紹介していきますので乞うご期待です!

今年もお客さんが心から喜んでいただけるお墓作りに頑張りますので宜しくお願い致しますm(_ _)m

 

☆感動できるお墓づくり☆

幸田町の金ヶ崎墓地にて建立させていただいた小川家のお墓です。小川さんは来店時から岡崎産の御影石に非常に拘りをもってみえて、ここまで完成させるのに1年がかりでした。その間に一緒に原石の採石場まで見学に行ったりして岡崎産御影石の原石を吟味したり、7・8パターンのイメージ図面や文字原稿を小川さんとあ~でもない、こ~でもないと試行錯誤しながら完成させました。時間をかけた分だけお墓の製作も慎重にでき、おかげで素晴らしい牛岩石でお墓を建て上げる事ができました。昨日がお精入れでしたが、お墓開きにも沢山の親族の方々がみえて、賑やかなお精入れでした。終わった後に小川さんが涙目で「本当にありがとう」と言っていただた時には自分も、もらい泣きしそうになったのはナイショです☆

お客様にとって、そして自分にとっても感動できる仕事をこれからも続けていくぞ!と心に誓った1日でした。

 

☆今年も小学生の野外授業☆

少し前になりますが今年も根石小学校の4年生の児童たちが岡崎市の地場産業の授業で自社工場に見学に来ました。たしか今年で3回目かな?

小学生だからって舐めたらダメです!私の説明を真剣に聞き入ってましたし、質問もかなり突っ込んだ内容でたとえば74インチの切削機は一分間に何回転するんですか?(;・∀・)工場全体の機械のお値段はいくらくらい?(;・∀・)石屋で一番辛かった事はなに?とか(;’∀’)自分の予想以上に質問が多くて冷や汗タラタラでした。こんな児童たちを毎日相手にしてる先生方には頭が上がりませんね・・・。今回の野外授業で児童たちも勉強になったと思いますが、実は一番勉強になったのは自分だった事はナイショです♪しかし4クラス120人近い4年生のお相手は疲れました。この活動で少しでも地元の子供達に岡崎の石屋さんはまだまだ頑張ってることが認識してもらえるといいですね。(^^♪

☆2018年♪本年も宜しくお願い致します☆

遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。本年も宜しくお願い致します。

本年も昨年同様にお墓作りに励んで参りたいと思います。ここのところ「石工のひとりごと」をさぼりまくってましたので、簡単に昨年の仕事ぶりをご紹介します。

1月・2月は自社工場拡張工事をしました。自分も新工場の整地や基礎工事を業者さんと一緒に施工させていただき、石工事とはまた違った土木工事に携わり大変勉強になりました。

1月の工場増設工事の合間に今年初の洋型墓石(辻家)を立て上げました。そして竹内さんのお墓本体クリーニング&巻き石を新しくさせていただきました。竹内さんのクリーニング後のお墓の輝きに驚いた顔(゜o゜)が記憶に残っています。

竹内家クリーニング施工辻家

2月は静岡県で開催された第29回技能グランプリに審査員としてお手伝いさせて頂きました。全国の腕に覚えのある石職人さんが日本一の技術を競い合う大会です❕2日間の競技ですが、参加された選手の技術レベルの高さに驚きました。自分は審査員でしたが競技をみているうちに自分も選手として参加してみたくなりました。腕を磨かねば!!

そんな技能グランプリから帰って、やれやれと思ったら今度は伝統工芸士会の研修旅行で京都へ...仕事ができん...(*_*;

しかし石灯篭職人の神様みたいな西村金造さんとお話しができた事は自分にとって、石灯篭の作り方や在り方を考えさせられた良い機会でありました。帰り際には鞍馬石の採石地で有名な鞍馬寺を参拝し帰路に就きました。いやぁ~京都ってどこに行っても楽しいところですね♪また行きたいです。

そして2月の終わりには地元の根石小学校4年生のチビッ子達が地場産業及び伝統産業の野外見学授業で工場を見学しに来ました。150人近い生徒達のお相手は大変でした...(*_*;

3月は仲良しの狛犬(彫刻)屋さんのお手伝いで奈良の個人邸に狛犬を納品してきました。狛犬は神社だけのものではないんですね。立派な御宅には狛犬がよく似合いますね♪ お陰様で3月・4月はお墓を多く建立させて頂きました。

廣野家

内藤家中原様近惣家

尾﨑家

今回はここまで。つづきも随時更新したいと思います。